夢のアメリカ留学体験

高校を卒業後、2年程アメリカのサンフランシスコへ留学をしました。丁度、叔父がサンフランシスコで仕事をしていたこともあり、部屋に住まわせてもらえたのでありがたかったです。まず最初に驚いたのは、スーパーの巨大さです。さらにどこのスーパーも24時間営業で、アメリカという国のパワーに打ちのめされたような気がしました。現地の語学学校に通い、英語を勉強しました。高校時代、あまり熱心に英語の勉強をしていなかったので初級クラスからのスタート。クラスメイトは、様々な国の人たちでした。ある一定、簡単な日常会話ができるようになるまでは本当にあっという間でした。ただ少し難しい話(政治、経済など)をしようとすると、途端に何も喋れなくなってしまいます。やはり単語を覚えることも大切だなと思いました。同じ年の韓国人の友人ができ、よく二人で映画に行ったり食事に行ったりゲームセンターに行ったりしていました。2年で僕は日本に戻ってきてしまい、交流もなくなってしまいましたが、彼の夢がかなっているとしたらアメリカで獣医になっていることでしょう。